construction

中古住宅

中古住宅を購入する人

最近住宅のリフォームをする人が増えています。とくに中古住宅を購入してからリフォームする人が多くなっているのです。昔は新築住宅にこだわる人が多くいました。現在は、新築住宅より中古住宅を購入する人の数が上回ったのです。とくに高度経済成長期のころから徐々に建てられた物件の人気が高いです。その理由として、好景気の頃の物件は素材などもいいものが多かったり、面積も広かったり、駅から近い場所などの利便性の高さもあるにも関わらず低価格で購入できるからです。そのぶん、リフォームに費用をかけることができるので、理想に近い快適な家を造れるようになるのです。設備も新しく取り替えたり、間取りも自分のライフスタイルに合わせることもできるのです。

リフォームの調査もあります

近年、リフォームの人気にともない、統計調査まで実施されるようになりました。最近の傾向として中古物件を購入してリフォームする人が、新築住宅を購入する人の数を上回ったのです。それくらい人気が出ています。とくに1970年代から1980年代の物件を購入する人が多いのです。そのストックもたくさんあるので、今後さらに購入者数は増えていくと予想されています。また、リフォームするときの不安要素についてもアンケート結果が出ています。一番多いのは、リフォームの金額がわからないとか、見積もりしてもらってもそれが適正価格なのかがわからないということです。当然物件によって価格は違いますが、数社に見積もりをしてもらうのがいいでしょう。それを比較することで適正価格かどうかわかるでしょう。

» ページのトップへ戻る